ラグナロクオンラインEir鯖に生息する、まったり系えた~なるの~びす「のびっこ☆」の日記?デス☆彡    いつのまにやら2万4千Hit・・感謝♪感謝♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険者アカデミー シークレットストーリー 第一話『トキノハザマ』
2008年05月31日 (土)
こんにちわ~、 お久しぶりの「のびっこ☆」デス^^ノ

今日は、冒険者アカデミーの隠された物語?「シークレットストーリー」をやってみました~
解法等の詳細はこちらへ

冒険者アカデミーの一角を通り過ぎると・・
なにやらもめている様子の方達が・・。
なにやら幽霊が出たとか出ないとか・・・?

なになに?幽霊?

早速首を突っ込んでみる「のびっこ☆」

「ユーリさん」「リリアさん」の話を聞いてみると・・・

アカデミーの伝説と呼ばれる、代々伝わる怪談があるらしく

その内容は
 1.秘密の実験室で魔法の実験が行われている
 2.その実験体として毎年1人の生徒が連れ去られ行方不明になる
 3.実験体にされた生徒の幽霊が夜な夜な現れる

という物のようデス。

早速、最近その幽霊を見たという「ミリアムさん」に直撃レポートです!

ごめん急がしそうだね^^;

が・・・課題が忙しく相手にされない・・・(TT)

ありがと~♪

と思ったら教えてくれました♪

「ミリアムさん」の話によれば・・

図書室の知識関連、戦闘関連の本を読んでいるとふいに声が・・
周りを見てもだれも居ない・・
また聞こえてきた声の聞こえる方を見てみると・・・
いつのまにか女性が!!!!
訴えかける様な顔をした透けて見える女性が!!!!!

慌てて外に出て友達を連れて戻ってみると
その幽霊は既にいなくなっていた・・・・・・


ということのようデス。
夏も近づき早くも怪談の季節到来か!(ぇ

さっそく図書室を調べてみるも・・・何も見つからず orz

「ユーリさん」に相談してみると

ふむふむ・・・何か特定の原因があると・・

何か特別な事をしていたんじゃないか? と教えてもらいました~

さっそく「ミリアムさん」にその時の状況を詳しく聞いてみマス。
すると・・・

題名の消えた古い本を見つけたこと
その本は7ページが破られてなかったこと
無性にその7ページ目が気になったこと
すると・・幽霊の女性が現れた


と、詳しい情報を入手!

早速図書館でその本を捜索~

すると・・・

題名のない本発見!

発見する事に成功~♪

さっそく問題の7ページ目を見てみると・

どこに居るのかは心の目で見つけるんだ!

噂の幽霊が!!!
(って 姿はアリマセンが・・・・

恐れず騒がずに話を聞こうとすると・・・・
そこに居たのは・・!

エレンさん!?

エレンさん!!!
あのモンスターサイドストーリーエレンさんが!


あれはとても悲しい出来事デシタ・・

が・・残念ながら意識に話しかけている状態でこちらの姿は見えないそうデス。
(彼女の心は未だにこの場所で止まったままなのカナ・・・?

ここでエレンさんから重要なお話がありました

アカデミーに秘密!?

秘密!?
しかも巨大な秘密・・

薄れ行く意識の中
グラストヘイムに謎が隠されていると教えてくれました・・・

これが現場の写真ダ!
どうやらここに何か秘密が・・・


「ユーリさん」「リリアさん」に相談してみると・・・

あららw

「ユーリさん」が幽霊が怖いことが発覚!w

ぐずる「ユーリさん」「リリアさん」が宥めつつ

Let’s GO!

結局3人グラストヘイムに捜索に向かうことになりました~

グラストヘイムに着くと、そこから先はミニMAPで行くべき場所が指示して貰えるので初心者さんでも安心ですネ ^^

が・・・・
問題の場所はグラストヘイム 地下監獄2Fの奥の方なのでLv1からでも受けられるこのクエストとしては如何なモノデショ?

さて問題の場所に着くと、既に「ユーリさん」「リリアさん」が居ました~

話しかけると・・
「事情はあとあとっ! すぐに冒険者アカデミーに戻るよ!」
と言われ、
ばひゅ~んっと

「ユーリさん」の蝶の羽で3人まとめてアカデミーに移動です。
(将来的にこんなアイテムがあっても良いですねぇ・・って課金か何かであったっけ・・?)

落ち着いたところで話を聞いてみると。

・二人は先に着いていた
・祭られている石を取ってみるとモンスターがワサワサ
・必死になっていたら石を壊してしまった
・石が壊れるとモンスターが一瞬にして消えた
・ついでに石を持ってきたw


ということだったそうデス。
(モンスターが居なくなったのなら慌てて帰らなくても良かったんじゃ・・・?)

さて・・ここで幾つかの疑問点が浮かんできマス。

・石を作ったのはアカデミーの関係者??
・そもそもアカデミー長って見たことが・・・
・アカデミーの創設者って誰?
・魔法で転送されているけど、アカデミーってどこにあるの・・・?


って何だか根本的な所で不明な事がいっぱい(@@

そこで3人でこれらの事を調べていく事にしました!

まずは手始めに

・エレンさんの正体(いや知っているけれd
・あの時って(いや知っているけれd
・アカデミーの創設者について


3点を調査することになりました~

が・・・それは次回?のお話に。
モンスターサイドストーリーから続く物語と思われるこのシリーズ
今後に期待ですね~

な~んとなく黒幕は・・
たぶん・・間違いなく・・・

の気がしますがネ!w
ここでこんなの作れますヨ)

スポンサーサイト
冒険者アカデミー?
2008年05月04日 (日)
こんにちわ~、 やっとリアルタイムに「近い」
記事が書けそうな「のびっこ☆」デス^^ノ

前のログインから2ヶ月経過(@@
いや~、だいぶ間が開いちゃってるねぇ~・・・・。
というわけで、先週久々にログインしたので早めにブログをカキカキして、
入りたいときに心置きなくログインできるようにしようと思うわけデス、ハイ。

・・・と、言うわけで(繋がってナイ
いつぞやのパッチで追加された「冒険者アカデミー」という場所に
ギルドの皆さんに連れられていって参りました~

「冒険者アカデミー」とは、冒険を始めたばかりの方々に「クエスト等を通じて立派な冒険者になって貰おう!」という団体のようデス。

熟練の冒険者でも入ることが出来るそうなのですが・・・

き・・・寄付金ですとぉ~!

寄付金を要求されマス><
ノービス(初心者)にはもっと割引してくれたって良いじゃないか!
情報によると・・転生一次職が初心者として扱われれるらしいですヨ?

ともあれ、関係者の方に寄付金を渡すと、「冒険者アカデミー」の建物に入ることが出来ましタ。

早速入学手続きを~

あ・・・ いや・・・ なんでも・・w

(まぁ・・・その気にしないデ^^;

入学を済ませてから、建物の奥に進むと・・

カプラさん・・・(TT)

あぁ・・・無惨(マテ
ポストじゃなくて、冒険者アカデミー専用のカプラさんを追加すべきだった思いマス。

中央にいるミッドさんにアカデミーについてのお話を聞いていると

リーンさんの帽子の方がいいなぁ・・・

「アカデミー新入生帽子」なる物を頂きました~♪
でも・・・ミッドさんが被ってる帽子(赤○)の方がいいなぁ・・・

話によるとこの帽子、色々とアカデミーの依頼を解決していくと、最後に緑の帽子に交換してもらえるそうです。
でも・・・やっぱり見た目がイマイチ・・カモ。
(イラストは良い感じなんですけどねぇ^^;

さて、晴れてアカデミーの新入生となった「のびっこ☆」
早速アカデミーの依頼を受けてみることにシマス。

依頼を受けてみましょ~

とりあえず一番最初の「Lv1以上 気になるあの子① 1単位」を受けてみましょ~

この依頼は、プロンテラ在住のハルバートさんからの依頼と言う事で早速プロンテラへ~
ちゃんと座標も教えてくれる辺りがアカデミーの依頼っぽくて良いカモ?

ご依頼の内容は?

さっそくハルバートさんに依頼について聞いてみマス。

依頼内容を要約すると・・・

「僕幼馴染に恋をしてしまったんだ!告白しようと思うんだけど・・・どう思う?」
だソーデス。

そんな事は決まってマス。

っ すれば良いじゃないk
(そ~です、何事もやらないよりは、やったみた方が良いのデス たとえ失敗してm

するとハルバートさん
「告白したことで今の関係が壊れてしまうんじゃないかと不安で・・」
だそうです。
しまいには、考えすぎて胃が痛くなってきてしまったハルバートさん・・・^^;

・・っと ここでミッション発生デス。

待たせてゴメンねぇ><

おぉ!?
これは何とも「のびっこ☆」向けなミッションですネ!
未だにぎうにぅで生活してる「のびっこ☆」に対する挑戦でしょうか?(チガイマスネ

さっそく「のびっこ☆」愛飲のぎうにぅを差し上げて最後にこう一言

まぁ・・その・・ ガンバレ

っ 頑張れ
と告げてこの依頼は終了デス。

依頼が終了したのでアカデミーに戻るのですが・・・

これは・・・寄付と言うより・・・

ま・・・まさか毎回お金とられるのか~ (@@
あ・・あれです・・・累進課税的な方向でなんとかシテクダサイ。

さっそくルーンさんに依頼完了のご報告~

1単位ゲット~♪

依頼を完了すると、単位がもらえるようですね~。
ある程度単位が溜まると卒業になるのかな?
試験とやらもあるようですしね~
(この辺は学校っぽくって良いですね~



最後に:
何事も結局は自分で決めるしかないのデスヨ
他人に言われて何かを決めるくらいなら、自分で決めて自分で責任を取ろう!
そう思う「のびっこ☆」でした~
モンスターサイドストーリー 最終話 それでもこの手は離さない
2007年12月19日 (水)
こんにちわ~、 ゴールデンウィークあたりまでに溜まった記事を書き切りたい・・
そんな「のびっこ☆」デス^^ノ

さて、今回も引き続きモンスターサイドストーリーのお話です~
しかし・・ついに最終話「それでもこの手は離さない」行ってみましょ~b

クエスト解法の詳細はこちらで~。

ついに最終話

いや~・・・
長々とやってきたモンスターサイドストーリーも、ついに最終話
話によれば、この最終話を終えるとかなりの経験値がもらえるというお話デス (・_☆) キュピーン!!

そんな邪な考えを抱きつつ、ゲフェンにいる不思議な語り部さんとお話すると・・。


あれ・・?


いつものように・・・ならない?



そこで突然語りだす語り部さん(まぁ語り部だしネ

明かされる真実!

なんですとーーー
実は語り部さんモンスターだったという新事実がっ!

ところが語り部さん、以前記憶を失われている様なのです(@@

判っているのは
・自分がモンスターであること。
・モンスターだけど平和を望んでいること。

だけだったのだそうです。

そこで、疑問を解決するために魔力を注ぎ込んでこの本を作り出し
モンスターと人間の心の動きを調べることにしたそうデス。
(記憶がなくても・・・できるのカナ・?)

ですが、結局疑問は解決しないまま・・。
「時間でも戻すことができれば・・・」
という語り部さんの言葉に、ふと魔法使いの「ランターンさん」を思い出しマス。

さっそくランターンさんに話をしてみると・・

と~き~を~ か~け~る~のびっこ☆~(何

「時を駆ける石」なるものがあるそうデス。
なにやら最近発見されたコモドの大空洞に手がかりがあるかもしれないとのこと・・

早速現地に向かいマス。

大空洞の前に居る、ウィルパーさん
「不思議な石を見なかった?」
と聞いてみると・・・
なにやら大空洞のあたりで、不思議な石を見つけたとのこと。

そこで・・・

反転衝動!?

「のびっこ☆」になってゲットです (ニヤリ

さっそくを持って語り部さんの元へ~
調べてみるとやはり「時を駆ける石」らしく、これを使って本の深淵に潜ることで
過去を調べられることが出来るかもしれないそうです。

さっそく「時を駆けるのびっこ☆」(ぉ となり、いざ本の深淵に~!

本の中の世界は

本の中の過去の世界

どこかの学園のようでした。
1ページから6ページの時間のずれた本の中の世界を行き来するうちに、いくつかの事実が明らかになってきました。

・ここは魔法を学ぶ学園であること
・ハンス、エレン、ドイル、ローザという4人の学生が、ジオーマ先生の元で勉強していること。
・ハンスとエレンは、争いの無い世界を実現するための研究をしていること。
・ハンスとエレンは恋人同士であること。
・時を駆ける石をつくったのがドイルであること。
・ハンスの誕生日が近づいていること。
・なにやらドーマ先生が企んでいること。


そして、色々と判って来たところで最終ページに潜ってみると・・・

ど・・・ドイルさん!?

!?

なんと・・・・・ドイルさんジオーマ先生に魔法でモンスターにされてしまいました!

だんだんと人としての意識の薄れていくドイルさん・・・・
エレンさんい危ないので自分から離れるように告げます・・

が・・・

エレンの強い思い

これが愛の力なんですね(TT)

その言葉に、ドイルさん
「僕はモンスターとして、君は人間として争いの無い世界を作ろう・・」
と告げるのでした・・・

そこで、本の世界からフェードアウト・・・。

本の中の出来事を通して

記憶を取り戻した語り部さん

すっかり記憶を取り戻した語り部(ドイル)さん

人間の心を取り戻すたびに、無くなっていく魔法の力で最後に1つお願いされました。
それは・・
「エレンさんに無事だと言うことを伝えるために書いたメモを届けてほしい」
というお願いでした。

最後の魔力を振り絞ったドイルさんの願いをかなえるべく、再び過去の世界に飛び立つ「のびっこ☆」

窓辺でうなだれているエレンさんに・・・
ドイルさんからあずかったメモを渡します・・。

運ばれたドイルさんの思い

ドイルさんが無事だということを知って、嬉しさのあまり泣き崩れるエレンさん・・。

そして今度は、エレンさんドイルさんへの届け物と伝言を頼まれます。

それは・・

渡すことの出来なかった誕生日プレゼントのペンダント
「一緒に頑張ろう、二人で絶対に夢を叶えようね」という伝言でした。

この2つを受け取り

渡せなかった思い

崩れそうな気持ちを立て直したドイルさん
争いの無い世界を作るために再び立ち上がるのでした~

こうして、長かったモンスターサイドストーリーも終わりを告げました。
はたして、人間モンスターの争いはなくなるのか?
続編がありそうな・・・・なさそうなお話でしたね^^

ずっとやろう、やろうと思っていたものの手を付けられずにいたのですが・・・
この機に一気にやってしまいました。

そして、噂の経験値を頂いて

ど・・怒涛のLv80!

ついに怒涛のLv80に!!!

目標としていたLv80についてに到達してしまいました(@@
その反動と一気に溜まった千枚近いSSにすっかり止まってしまったブログの更新・・orz
ブログが更新できないとログインするのもなんだかなぁ・・という悪循環ですっかりROに疎遠になった感じが・・・
2ヶ月に1回とかそんな勢いでしかログインしてませんネ^^;

ようやっと、クエストレポートもおわったところで・・・
ゴールデンウィークには入ってみようかなぁ・・等とおもっている「のびっこ☆」でした^^ノ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。