ラグナロクオンラインEir鯖に生息する、まったり系えた~なるの~びす「のびっこ☆」の日記?デス☆彡    いつのまにやら2万4千Hit・・感謝♪感謝♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇団☆演天華 Vol.17 迷探偵クレア ~割とよくある迷探偵の一日~
2007年03月13日 (火)
こんにちは~ 「のびっこ☆」デス^^ノ

今日は久々に劇を見に行ってきました~
劇団☆演天華さん(Lisaサーバ)のVol.17公演デス。


いや~久々ですねぇ~ しかも今回の演目は
「迷探偵クレア ~割とよくある迷探偵の一日~」

!!!

そぅ!
あの大人気の「迷探偵クレア」シリーズの4作目です!

楽しみだ~♪

まず始めに感想を~
「さすがクレアシリーズだ!」

さすがだなぁ・・・
笑いありありLoveありのお話の中で、複線の張られたストーリが最高デシタb
(詳しい台本はこちら)

ところで、クレアさんが劇団☆演天華さん新団長になられたという事で
今後はクレアシリーズが増えたりするのかな?しないのかな?


さてさて、そんな物語から一部を掻い摘んでご紹介~


ひょんな事から飛行機に乗っているクレアさん達。
そんな機内で機長からのアナウンスが・・・

氷枯裏 : ピンポンパンポン↑
氷枯裏 : 本日は4649便にご搭乗いただきありがとうございます。
氷枯裏 : ただいまフライトは順調に進んでおります。
氷枯裏 : 高度が安定したのでシートベルトを外してもかまいません。


機長からの一言!

開始30秒で、いきなり笑わせて貰いましたw

さてさて、なぜ飛行機にクレアさんが乗ることになったかと言いますと・・・

月奈 : しかし何で急に乗る気になったんですか?
月奈 : 自分が乗ったら落ちるとか言ってたじゃないですか。
ψクレアψ : そう、それが主人公の定め・・・
ψクレアψ : だが今日に限っては早く帰らなければ・・・。
月奈 : 何かあるんですか?


クレアさんが急ぐその理由は!?

マテマテw

月奈 : ゲームと人命どっち大切なんですか!って・・・

うんうん、もっともだ!

月奈 : クレアさんはゲームの方大切に決まってますよね。

ソレデイイノカw

再び機長からのアナウンスが・・・

氷枯裏 : お客様、右手をご覧くださいませ。

右手に見えますのが~

うぁ お約束w

氷枯裏 : 左手をご覧くださいませ。

左手にみえますのは~ !?

!?

そこであわてず、スッチーさんは言いました!(桜坂やっくん風

雪鵠 : 大丈夫です、落ち着いてください!!
雪鵠 : 錯乱してはダメです!
雪鵠 : こういうときは落ちついて


慌てず騒がず~?

斜めから見てどうすンノ!正面から見るんダヨ!(大きく間違い

そんなこんなで飛行機は不時着~ (@@
その後、乗客の一部は無人島に流れつくことに
こうして今回の物語は始まりました~

舞台は変わって、怪盗からの予告状が届いたとあるお屋敷へ。
ところがあっさりと怪盗に宝石を奪われてしまいます。

そこであわてず、刑事さんは言いました!(再び 桜坂やっくん風

†鳳晴† : 奴が宝石を狙っていることは分かっていた。
†鳳晴† : 狙われている物をそのまま置いておくこともあるまい。
豆乳飲料 : ま、まさか!


こんな事もあろうかと~?

マテマテ^^;

ところが、あっさりと怪盗を逮捕してしまったり。
腕利きの刑事さんなのかそうで無いのか・・w

再び場面は、無人島へ~

すこしづつ合流する乗客達、そこで・・・

‡悠斗‡ : うん、それじゃあ僕はもう一度誰かいないか見てくるよ。
桃馬 : そういや、おっさん1人見かけたぞ。
桃馬 : 後頭部がやたら光輝いてたが・・・。


輝く頭頂部・・・その正体は・・・?


機長・・w

その後、乗客の一人の桃馬さんクレアさんの携帯電話から通信機?を作ることに~
早速、通信機?のテストを~

桃馬 : さて、テストテスト・・・。
桃馬 : ん・・・お?
ψクレアψ : えっ? マジ?
桃馬 : もしもし?


ふぇ・・・・ふぇいく!?

それは・・・期待するヨ!

フェイントか!w

翌日、機長さんがなんと遺体で発見されます(TT)

桃馬 : 一体誰がそんなことを・・・。
‡悠斗‡ : ぼ、僕じゃないぞ!!
雪鵠 : わ、私だって!
桃馬 : オレもだ。
ψクレアψ : 絶対にノゥ!!
‡悠斗‡ : そういえば・・・聞いた事がある。


あぁ 筋肉m

あぁ・・年齢が・・・w(ぉ
なにやら此処は悪魔の済む島かもしれないとのこと。

さて場面は変わって、クレアさんが自分の携帯→改め通信機を手にとってなにやら・・・・

ψクレアψ : あぁ、あっしの携帯が変わり果てた姿に・・・。
ψクレアψ : ・・・これで上手くいかなかったら訴えるぞ。
ψクレアψ : ちょいテストっと・・・。


携帯って良く落としますヨネ?・・・・私だけ・・?^^;

ψクレアψ : ・・・・・・
ψクレアψ : しーらね。。


あ~ららw
ところが落としたのがきっかけとなり月奈さんと連絡が取れるように!

この後クレアさん、島の洞窟で

‡薙乃‡ : ・・・デビルイヤーは地獄耳・・・。
‡薙乃‡ : デビルウイングは空を飛びってのはよくわかる。
‡薙乃‡ : デビルビームは熱光線ってのも筋が通ってる。
‡薙乃‡ : でもよ、デビルチョップはパンチ力ってのはどういう事だ!!
‡薙乃‡ : チョップとパンチは別物だろうが・・・!
‡薙乃‡ : 腹立つぜ、クソッ、クソッ、クソッ!!!


とのたまう悪魔と遭遇!

そして明かされる衝撃の事実!

親切な悪魔からの忠告

えぇぇ!?

物語は一気に終盤へ~

噴火の始まった島で残された3人がもめていると・・
4649便に乗り込んでいた「カクテル仮面」、そして機長を殺害した犯人が判明!

ところで・・・・

今回の影のキーワードですね!(タブン

今回のキーワードの1つ?「職業魂」
皆さんは自分のしていることに信念はありますか?

物語はクライマックスへ~

雪鵠 : あの・・・ま、また会えますか?
桃馬 : 無理に決まってんだろ。
雪鵠 : うぅ、まぁそうですよね・・・。


キザなせりふも決まってます!

くぅ~ かっくイイネ!

こうして無人島での事件は終わりを告げます。
場面は変わって・・

え・・・・・ え!?

な・・・なんですとぉ!?

びっくりしたなぁ・・・ もぅw

ホ・・・ びっくりしたぁ~(@@

結局、序盤の宣言通り休日を良いことにメイン部分にも絡んでこなかったクレアさんw
ともあれ事件は解決し、かくして物語は幕を閉じました~

う~ん、今回も複線ばりばりでしたね~
個人的には、スッチーさんのキャラクターが良かったなぁ~と思いました。

次回作も 活~目して見よ!!w
スポンサーサイト
劇団☆演天華 Vol.13 BestPartner
2006年11月17日 (金)
こんにちわ~ 「のびっこ☆」デス^^ノ

今日は久々に劇を見に行ってきました~
劇団☆演天華さん(Lisaサーバ)のVol.13公演デス。

早速Lisaのびっこを作成してログイン~!
イズルートから、プロンテラに向かって歩いていると・・・

な・・・なにごと!?

なにごと!?
テロ・・・でもあったのでしょうか^^;;

その後送迎ポータルでアマツに送って頂いて開演を待ちます。

は~い こちらが列の西郷美になりま~す(マテ

うん・・西郷さん美しい!(大きく違

今回の劇はと言いますと。
どうやらストーリー的に繋がったシリーズ物が前回から始まっているようでした。
(過去シナリオ、読み読み)

大雑把に今回のシナリオを説明すると・・・

「ジュピロス遺跡の管理を任されている人物に不穏な動きが?
 プロンテラ騎士団から派遣された二人がその調査に向かう・・・
 そこで繰り広げられる悲喜交々の人間模様の果てには何が!」

(ウン、安っぽい映画の宣伝のヨウニナッテシマッタワ・・・ orz)

・・・と、まぁ そんな感じデス^^;
前回のシリーズ1作目を見逃しているので、
「ふむふむ~ 演天華さんも続き物が始まったのか~ 前作観てないけど・・・ ついて行けるかな~?」
と多少不安に思いましたが、2作目からでも十分楽しめました^^

さてさて、そんな劇中の一幕をちらほらと・・・・。

プロンテラに進入したを追う自警団の二人の会話から始まりマス。

「豆乳飲料 : なのは聞いてくれ、今まで黙ってたんだが・・・。」

連邦の新型か!(違

「☆高町 なのは☆ : ふざけてる場合じゃ・・・。」
「豆乳飲料 : 見えるっ!そこっ!」


観客席に放たれた矢! その先には!

観客席に鋭く放たれた矢のその先には!?

「-妖魔- : あぶなっ」
「-妖魔- : 何て事しやがるw」
「豆乳飲料 : あれ!?マジでいるし!?」


さすがニュータイプだ!(マテ
観客席も利用したちょっとしたアイデアがGoodデス^^

しかしこの後、賊の妖魔さんに逆に撃退されてしまう自警団の二人・・・。

そして場面は、黄泉子ちゃんの入院する病院へと変わります。

藤丸 : ぅー・・・数日とは言え黄泉子と離れ離れになるなんてー
藤丸 : そんなの嫌だよーーーー!!


ぎゅっ ぎゅ~

ハグハグ~

そんな姉妹愛を目の当たりにした普通の人の反応は・・・

-忍- : コンコン。お邪魔しまー・・・。

さすが忍さん・・・冷静デスw

ウン、いたって冷静w

どうやら前回の物語で仲の良くなった忍さん黄泉子ちゃん
二人の関係に、藤丸さんはやきもきしている様子。
(姉として不安か・・はたまた焼きもちか・・・?)

そんな藤丸さんの思いをよそに、王国騎士団の命で、忍さんと共にシュバルツシルトの調査に行くことになりました。

ここで場面は、シュバルツシルトへと変わります。。

特使として、今回の首謀者と思われる「首領ペリ」の館を訪れる二人。
(名前が面白いなぁw)

忍さん、一見して不穏な空気を察知したのか

-忍- : なんかきな臭ぇ屋敷だな・・・。
藤丸 : 先入観で疑ってるだけじゃないの?
-忍- : 違ぇよ。オレの勘だが、ここなんかあるぜ。
藤丸 : 勘ねぇ・・。そんなの信用なるのかしら?
-忍- : お、馬鹿にしたな?
-忍- : オレの勘は良く当たると評判だぜ?
藤丸 : 誰に?


評判になっている範囲は・・?

評判になってる範囲せまっw

首謀者と思われる「首領ペリ」からここに眠っている遺跡の力が、国1つくらい消せるらしい力があると聞かされる二人。
探りあいの会話の後、結局真相はつかめないまま・・

帰り際に「首領ペリ」から不可解な見送りを受け館を後にすることに・・。

映画などでも良くある風景?

(映画とでよくある悪役の予告セリフDA!)

さて、「首領ペリ」の館から出ては見たものの、
このままでは引き下がれない二人はそれぞれ別ルートで調査を続行することに。

藤丸 : それじゃ、私は行くけど、
藤丸 : そっちこそ気をつけてね?
-忍- : ん、あぁ。なんだかんだでオレの心配してくれるんだな。
藤丸 : 別に・・・ただ、あんたに何かあったら黄泉子が悲しむもの・・。
-忍- : ここまで来ても黄泉子ちゃんか。妹想いなこって。


可愛いは正義!

(某イチゴのマシュマロの宣伝文句デスネ)

二人の間柄の微妙の変化も気になるところですが、
場面は館にこっそり潜入する忍さんの場面に切り替わりマス。

なお当局は一切関知しな・・(ry

スネェェッェーク!!(マテ

しかし、潜入早々妖魔さんに発見されマス。

オレだよ オレ オレ

・・・と、くれば・・・

メタルギアの最新作はPS3のようですねぇ・・・

正解!(ぉ

この二人の過去に何があったかは不明ですが、因縁の決着今ここに!
と言う感じで戦いになります!

バトルスタート!

この位置取りから、忍さんメテオアサルト

影飛びでかわす!

しかし、妖魔さん影飛びでかわす!

反撃の畳返し!

そしてすかさず 畳返し

どーーーん!

そこに追撃のマグナムブレイク

妖魔さんツヨイ!

圧倒的に妖魔さんが戦いを進めます。

・・・・・が、ここに妖魔さんの部下のクレア嬢がやってきます!

灰色の探偵・・・・じゃ、今回はアリマセンw

一閃!

反撃のメテオアサルト妖魔さんを直撃!

(いや~ここの一連の動きがホントにカッコ良かったデス^^)

道化さんが誤爆を・・・・

ψクレアψ : ごめんなさい・・・私心配で・・・ごめんなさいっ!!

がっくりと膝をつく妖魔さん

ここで勝負あり。
うなだれる妖魔さん忍さんが語りかけます。

-忍- : 妖魔・・お前は自分の力以外なんもいらねぇみたいだがよ。
-忍- : お前を必要としてる人はいるんだぜ・・?そいつの事も考えてやれよ・・。
-妖魔- : は・・・冗談。オレは嫌われもんだぜ?そんな物好き・・・。
-忍- : 馬鹿だな。
-忍- : その子はお前の心配して来たんだろ?察しろよ。
-妖魔- : ・・クレア?


ツンデレ きたわ~w

ツンデレきたわ~!

そしてこの二人は結ばれるのでした~ パチパチ。




・・・・・と物語りはここでは 終わりませんヨ!

舞台はうって変わって、首領ペリ藤丸さんが対峙している場面に!

Blog書くまで「とさか」から「ビーム」かと・・・w

首領ペリの圧倒的な力の前に追い詰められる藤丸さん

謎の「とさか」・・・

遺跡に眠っている「とさか」っていったい・・・・w

そこへ忍さんも駆けつけてきます。
ところが・・・・。

首領ペリ : 意気込んでいるとこ悪いけど私は逃げさせてもらうわ。
首領ペリ : あなた達程度の人間にこの計画の邪魔をされるのは私の尊厳が許さないからね


そして・・
自爆装置を作動してのFW 完璧な逃亡デス


結局、首謀者の首領ペリには逃げられてしまったものの
なんとか無事に帰ってくることのできた二人。
場面は再び黄泉子ちゃんの入院する病院へ~

藤丸 : 大変だったわよ。特にどっかの誰かさんが無茶するから・・。
-忍- : オレのことか?そんなんオレよりあんただろ?
-忍- : なんでも一人でどうにかしようとして。フォローする身にもなってくれよ。
藤丸 : そんなっ!私は・・!


ハートマークがポイントですw

言い争う?二人に絶妙の突っ込み^^

そこへ現れた、騎士団長

為妹みくる : 戦争を未然に防ぐことが出来た。これは立派な功績だよ。
為妹みくる : よって、約束通り報酬を渡そうと思ってね。


とりあえずの戦争を回避したことで褒賞が与えられたとのこと。

藤丸さんには、多額のお金

名誉騎士におめでと~^^

名誉騎士の称号が。

そして、忍さんには・・・・

-忍- : あぁ、オレのは前に言ったとおりでお願いするよ。

ん・・・・なんでしょうね~?

忍さん カックイイ!

前に大聖堂に行った時に黄泉子ちゃんが喜んでいたので~と、もっと凄い所に連れて行って上げる事にしたそうです。

かっこいい かっこいいよ 忍さん!!

藤丸 : 本当にいいの?

グリーンだよ!

とか、ボケを忘れないところもGoodデス (・_☆) キュピーン!!

この事でより一層仲の深まった感のある 忍さん藤丸さん
最後は二人で食事に行くことになった所で物語の幕は閉じます。

さてさて・・・・
今後の二人の仲の展開は!?
藤丸さんは妹離れできるのか!(マテ
気になる事が一杯ですが・・・
次回も活目して見よ!(何かのマネ

・・・・と珍しくストーリーをきっちりフォローする形で、れぽーとを書いてみまシタw

さてさて最後は、劇団員さんによるご挨拶~

その中で・・・・

-妖魔- : さて、ここで
-妖魔- : 重大発表です
-妖魔- : ガンホーオフラインミーティングうかっちゃったw
-妖魔- : どうしようw


来月の劇の後の挨拶で、いったいどういう報告が聞けるのか!?
要チェックDA!

「のびっこ☆」的レポート視点:
 戦闘シーンのSSが我ながら巧く撮れたなぁ・・・^^

劇団おおざっぱ! Act54 The Black Halo
2006年10月03日 (火)
ども~ 最近の記事がイベント見学記事ばかりになってきた「のびっこ☆れぽ~と」です。 ^^;
ともあれ、なんだかんだと 2000HITを超えました~ 皆様に感謝♪感謝♪
テンプレートも秋っぽいのに変えてこれからも頑張りますヨ!

さて、月の始めの第一火曜日は「劇団おおざっぱ」さんの公演を見にSaraサーバに出張で~す!

前回復活を遂げたヨシュア率いる「罪の楔」の動きも気になる今回のAct54、さてはてどんな展開になるでしょうか・・・

今回も内容をざっくりと書くと
「新たに発見された古の書物「エイボンの書」を巡る攻防。
 その隠された秘密により揺れ動く心。
 そして次第に明かされていく「忌まわしき神々」への対抗策!」


といった所でしょうか。

個人的には。
つ 「けしからんフトモモ」
を付け加えたいとこr(ウァナニオ・・キラナイデー..ギャー

さてさて、そんな劇中の一幕をパラパラとご紹介~

ひさびさ登場の山本一発さん、カミュたんからのデートのお誘いにおおはしゃぎ
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━━(  )━━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!

残影で画面狭しと飛び回ってまスw
(なかなか巧くSSがとれたものだ・・・^^)

洞窟の中で繰り広げられる「エイボンの書」を巡る攻防
イキナリ阿修羅ですk

突然現れたSinさんにイキナリ阿修羅鳳凰拳
しかしバックステップで華麗にかわされまス。
この後、山本一発さんはパッシブスキルしか使えなくなったのは・・言うまでもなく・・・・w

その後、さんも現れSinさんを包囲!
前門の狼
前門の虎

後門の虎
後門の狼・・

そして・・・
そして客席から現れる怪人!(違

相変わらず客席から現れる柳生さん!
いつもながらナイスですヨw

さて問題の「エイボンの書」はというと・・・
ごそごそ・・・て客席ですか!

客席の中!?
その後、柳生さんが客席で座布団代わりにしていた事が判明w

訳合って「罪の楔」と袂を分かつ事になった小冬さん
途中、闇の巫女に襲われるも何とか白鎧騎士団にたどり着く・・・。
一度裏切った小冬さんを山本一発が受け入れた理由とは・・・・
けしからんフトモモ!

つ けしからんフトモモ

あんまりフトモモ フトモモ言っていると・・・
ご・・・ゴメンナサイ(TT)

ゴメンナサイ

昏睡状態の小冬さん、それを救ったのはカミュさん
どうやって救ったのかと言うと・・・・
蘇生の冠詞に地獄って・・・^^;

ガクガクブルブル

さん曰く

川澄 舞. : その薬の香りを嗅いだ瞬間、アタシは途切れゆく意識の中でこう言った
川澄 舞. : 「これはひどい」


だ・・そうです^^;

そして
Σ(◎◇◎ )コケー

小冬さん復活~。

山本 一発 : フトモモキター━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!
神凪小冬 : ヽ( '-')ノ┌┛Σ(ノ ´・ω・`)ノ
山本 一発 : モットォ


こうしてAct54は幕を閉じました。
今回明かされたホムンクルス・・・・この世界の人々の成り立ち、
徐々に明らかになる「忌まわしき神々」に対抗するすべ
物語はだいぶ佳境に入ってきましたね~

次回も見逃せませんヨ! (・_☆) キュピーン!!

そんな「劇団おおざっぱ」さんのサイトはコチラ
つ 「劇団おおざっぱ」

毎月第一火曜日にSaraサーバーのアルベルタで22:00から公演されています~

(あ・・・そうそう、最近気づいたんですが・・・・
 このブログのテンプレートで一番上にいる黒猫
 たま~に表情が変化するんですねw)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。