ラグナロクオンラインEir鯖に生息する、まったり系えた~なるの~びす「のびっこ☆」の日記?デス☆彡    いつのまにやら2万4千Hit・・感謝♪感謝♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスターサイドストーリー 最終話 それでもこの手は離さない
2007年12月19日 (水)
こんにちわ~、 ゴールデンウィークあたりまでに溜まった記事を書き切りたい・・
そんな「のびっこ☆」デス^^ノ

さて、今回も引き続きモンスターサイドストーリーのお話です~
しかし・・ついに最終話「それでもこの手は離さない」行ってみましょ~b

クエスト解法の詳細はこちらで~。

ついに最終話

いや~・・・
長々とやってきたモンスターサイドストーリーも、ついに最終話
話によれば、この最終話を終えるとかなりの経験値がもらえるというお話デス (・_☆) キュピーン!!

そんな邪な考えを抱きつつ、ゲフェンにいる不思議な語り部さんとお話すると・・。


あれ・・?


いつものように・・・ならない?



そこで突然語りだす語り部さん(まぁ語り部だしネ

明かされる真実!

なんですとーーー
実は語り部さんモンスターだったという新事実がっ!

ところが語り部さん、以前記憶を失われている様なのです(@@

判っているのは
・自分がモンスターであること。
・モンスターだけど平和を望んでいること。

だけだったのだそうです。

そこで、疑問を解決するために魔力を注ぎ込んでこの本を作り出し
モンスターと人間の心の動きを調べることにしたそうデス。
(記憶がなくても・・・できるのカナ・?)

ですが、結局疑問は解決しないまま・・。
「時間でも戻すことができれば・・・」
という語り部さんの言葉に、ふと魔法使いの「ランターンさん」を思い出しマス。

さっそくランターンさんに話をしてみると・・

と~き~を~ か~け~る~のびっこ☆~(何

「時を駆ける石」なるものがあるそうデス。
なにやら最近発見されたコモドの大空洞に手がかりがあるかもしれないとのこと・・

早速現地に向かいマス。

大空洞の前に居る、ウィルパーさん
「不思議な石を見なかった?」
と聞いてみると・・・
なにやら大空洞のあたりで、不思議な石を見つけたとのこと。

そこで・・・

反転衝動!?

「のびっこ☆」になってゲットです (ニヤリ

さっそくを持って語り部さんの元へ~
調べてみるとやはり「時を駆ける石」らしく、これを使って本の深淵に潜ることで
過去を調べられることが出来るかもしれないそうです。

さっそく「時を駆けるのびっこ☆」(ぉ となり、いざ本の深淵に~!

本の中の世界は

本の中の過去の世界

どこかの学園のようでした。
1ページから6ページの時間のずれた本の中の世界を行き来するうちに、いくつかの事実が明らかになってきました。

・ここは魔法を学ぶ学園であること
・ハンス、エレン、ドイル、ローザという4人の学生が、ジオーマ先生の元で勉強していること。
・ハンスとエレンは、争いの無い世界を実現するための研究をしていること。
・ハンスとエレンは恋人同士であること。
・時を駆ける石をつくったのがドイルであること。
・ハンスの誕生日が近づいていること。
・なにやらドーマ先生が企んでいること。


そして、色々と判って来たところで最終ページに潜ってみると・・・

ど・・・ドイルさん!?

!?

なんと・・・・・ドイルさんジオーマ先生に魔法でモンスターにされてしまいました!

だんだんと人としての意識の薄れていくドイルさん・・・・
エレンさんい危ないので自分から離れるように告げます・・

が・・・

エレンの強い思い

これが愛の力なんですね(TT)

その言葉に、ドイルさん
「僕はモンスターとして、君は人間として争いの無い世界を作ろう・・」
と告げるのでした・・・

そこで、本の世界からフェードアウト・・・。

本の中の出来事を通して

記憶を取り戻した語り部さん

すっかり記憶を取り戻した語り部(ドイル)さん

人間の心を取り戻すたびに、無くなっていく魔法の力で最後に1つお願いされました。
それは・・
「エレンさんに無事だと言うことを伝えるために書いたメモを届けてほしい」
というお願いでした。

最後の魔力を振り絞ったドイルさんの願いをかなえるべく、再び過去の世界に飛び立つ「のびっこ☆」

窓辺でうなだれているエレンさんに・・・
ドイルさんからあずかったメモを渡します・・。

運ばれたドイルさんの思い

ドイルさんが無事だということを知って、嬉しさのあまり泣き崩れるエレンさん・・。

そして今度は、エレンさんドイルさんへの届け物と伝言を頼まれます。

それは・・

渡すことの出来なかった誕生日プレゼントのペンダント
「一緒に頑張ろう、二人で絶対に夢を叶えようね」という伝言でした。

この2つを受け取り

渡せなかった思い

崩れそうな気持ちを立て直したドイルさん
争いの無い世界を作るために再び立ち上がるのでした~

こうして、長かったモンスターサイドストーリーも終わりを告げました。
はたして、人間モンスターの争いはなくなるのか?
続編がありそうな・・・・なさそうなお話でしたね^^

ずっとやろう、やろうと思っていたものの手を付けられずにいたのですが・・・
この機に一気にやってしまいました。

そして、噂の経験値を頂いて

ど・・怒涛のLv80!

ついに怒涛のLv80に!!!

目標としていたLv80についてに到達してしまいました(@@
その反動と一気に溜まった千枚近いSSにすっかり止まってしまったブログの更新・・orz
ブログが更新できないとログインするのもなんだかなぁ・・という悪循環ですっかりROに疎遠になった感じが・・・
2ヶ月に1回とかそんな勢いでしかログインしてませんネ^^;

ようやっと、クエストレポートもおわったところで・・・
ゴールデンウィークには入ってみようかなぁ・・等とおもっている「のびっこ☆」でした^^ノ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。