ラグナロクオンラインEir鯖に生息する、まったり系えた~なるの~びす「のびっこ☆」の日記?デス☆彡    いつのまにやら2万4千Hit・・感謝♪感謝♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険者アカデミー?
2008年05月04日 (日)
こんにちわ~、 やっとリアルタイムに「近い」
記事が書けそうな「のびっこ☆」デス^^ノ

前のログインから2ヶ月経過(@@
いや~、だいぶ間が開いちゃってるねぇ~・・・・。
というわけで、先週久々にログインしたので早めにブログをカキカキして、
入りたいときに心置きなくログインできるようにしようと思うわけデス、ハイ。

・・・と、言うわけで(繋がってナイ
いつぞやのパッチで追加された「冒険者アカデミー」という場所に
ギルドの皆さんに連れられていって参りました~

「冒険者アカデミー」とは、冒険を始めたばかりの方々に「クエスト等を通じて立派な冒険者になって貰おう!」という団体のようデス。

熟練の冒険者でも入ることが出来るそうなのですが・・・

き・・・寄付金ですとぉ~!

寄付金を要求されマス><
ノービス(初心者)にはもっと割引してくれたって良いじゃないか!
情報によると・・転生一次職が初心者として扱われれるらしいですヨ?

ともあれ、関係者の方に寄付金を渡すと、「冒険者アカデミー」の建物に入ることが出来ましタ。

早速入学手続きを~

あ・・・ いや・・・ なんでも・・w

(まぁ・・・その気にしないデ^^;

入学を済ませてから、建物の奥に進むと・・

カプラさん・・・(TT)

あぁ・・・無惨(マテ
ポストじゃなくて、冒険者アカデミー専用のカプラさんを追加すべきだった思いマス。

中央にいるミッドさんにアカデミーについてのお話を聞いていると

リーンさんの帽子の方がいいなぁ・・・

「アカデミー新入生帽子」なる物を頂きました~♪
でも・・・ミッドさんが被ってる帽子(赤○)の方がいいなぁ・・・

話によるとこの帽子、色々とアカデミーの依頼を解決していくと、最後に緑の帽子に交換してもらえるそうです。
でも・・・やっぱり見た目がイマイチ・・カモ。
(イラストは良い感じなんですけどねぇ^^;

さて、晴れてアカデミーの新入生となった「のびっこ☆」
早速アカデミーの依頼を受けてみることにシマス。

依頼を受けてみましょ~

とりあえず一番最初の「Lv1以上 気になるあの子① 1単位」を受けてみましょ~

この依頼は、プロンテラ在住のハルバートさんからの依頼と言う事で早速プロンテラへ~
ちゃんと座標も教えてくれる辺りがアカデミーの依頼っぽくて良いカモ?

ご依頼の内容は?

さっそくハルバートさんに依頼について聞いてみマス。

依頼内容を要約すると・・・

「僕幼馴染に恋をしてしまったんだ!告白しようと思うんだけど・・・どう思う?」
だソーデス。

そんな事は決まってマス。

っ すれば良いじゃないk
(そ~です、何事もやらないよりは、やったみた方が良いのデス たとえ失敗してm

するとハルバートさん
「告白したことで今の関係が壊れてしまうんじゃないかと不安で・・」
だそうです。
しまいには、考えすぎて胃が痛くなってきてしまったハルバートさん・・・^^;

・・っと ここでミッション発生デス。

待たせてゴメンねぇ><

おぉ!?
これは何とも「のびっこ☆」向けなミッションですネ!
未だにぎうにぅで生活してる「のびっこ☆」に対する挑戦でしょうか?(チガイマスネ

さっそく「のびっこ☆」愛飲のぎうにぅを差し上げて最後にこう一言

まぁ・・その・・ ガンバレ

っ 頑張れ
と告げてこの依頼は終了デス。

依頼が終了したのでアカデミーに戻るのですが・・・

これは・・・寄付と言うより・・・

ま・・・まさか毎回お金とられるのか~ (@@
あ・・あれです・・・累進課税的な方向でなんとかシテクダサイ。

さっそくルーンさんに依頼完了のご報告~

1単位ゲット~♪

依頼を完了すると、単位がもらえるようですね~。
ある程度単位が溜まると卒業になるのかな?
試験とやらもあるようですしね~
(この辺は学校っぽくって良いですね~



最後に:
何事も結局は自分で決めるしかないのデスヨ
他人に言われて何かを決めるくらいなら、自分で決めて自分で責任を取ろう!
そう思う「のびっこ☆」でした~
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。